地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

出雲(出雲市・大田市・雲南市・飯南町)エリア選択

令和3年度 子育て世帯への臨時特別給付金について【子ども政策課】

令和3年度 子育て世帯への臨時特別給付金について【子ども政策課】

◎申請不要の先行給付金(5万円)は、12月27日(月)に振り込みました(申請が必要な高校生や公務員の世帯を除く)。

◎申請不要の追加給付金(5万円)は現金で、
令和4年1月20日(木)に振り込みました

◎申請が必要な世帯へ令和4年1月17日(月)に申請書等を発送しました。

*その他、詳細は以下のとおりです。


 新型コロナウィルス感染症の影響が長期化する中で、子育て世帯の生活を支援するため臨時特別給付金を支給します。原則、申請不要のプッシュ型で支給を行いますが、市から児童手当を受給していない方は申請が必要です。
 *この給付金は全国一律の制度です。
 *この給付金は、所得税法の非課税所得に該当し、課税の対象にはなりません。

●【申請不要(市から支給決定通知書が届いた方)】
 先行給付金支給日:令和3年12月27日(月)
 追加給付金支給日:令和4年 1月20日(木)

 *令和3年9月以降出生児分等は、順次支給決定通知書を送付します。

●【申請必要(市から申請書が届いた方)】
 令和4年1月17日(月)に案内文書と申請書を対象児童の世帯主宛に発送しました。
 対象児童の父母等のうち主たる養育者(申請者)が令和3年9月30日(基準日)に出雲市にお住いの場合は、出雲市へ申請(郵送推奨)してください。
 申請
受付後、審査のうえ申請された翌月中旬以降に順次指定口座へ振り込みます。 
 

【チラシ】「子育て世帯への臨時特別給付金」についてのご案内

給付金の概要

項目 内容
(1)給付金算定の対象となる児童
平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童(年度末の満年齢0歳~18歳)
※対象児童が婚姻している場合は対象外
 
(2)給付対象者
対象児童の児童手当受給者または主たる養育者(父母等のうち収入が高い方)
※所得制限以上の場合は対象外
 
(3)給付額
対象児童1人当たり10万円
※申請不要の先行給付金(5万円)は令和3年12月27日(月)、追加給付金(5万円)は令和4年1月20日(木)支給済み。
 
(4)給付方法
登録済みの児童手当振込口座等へ振り込み

*申請必要分は、申請受付後、1月末から一括10万円を順次支給します。
 
(5)申請について
申請不要な場合(プッシュ型)と申請必要な場合あり
 
(6)所得制限
 給付対象者の所得が、児童手当の所得制限額以上のため、特例給付(児童1人当たり月額5,000円)を受給している方またはそれに準ずる所得の方は、本給付金の対象外
 
(7)留意事項
*受給を辞退される方は、振り込み日の前日までに辞退届をご提出ください。
*やむを得ない事情で口座解約・変更等をされた方は、「口座登録等の届出書」にて受給口座の変更手続きが必要です。
*振込口座の廃止等により振り込み不能の場合は、支給が遅れる場合があります。
*各種様式は、ページ下部からダウンロードしてください。
*児童養護施設等(里親含む)へ入所中のお子さんについては、児童養護施設等に別途支給します。
*DV被害によりお子さんとともに避難されている方で、令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合についても、市で給付金を受けることができる場合がありますのでご相談ください。
*この給付金は生活保護制度上の収入として認定されません。
*この給付金の支給を受ける権利は、譲り渡し、または担保に供してはいけません。
*この給付金を受けた後に支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により支給を受けた場合は、給付金の返還を求めます。
 

 所得制限額

【児童手当の所得制限限度額表】

扶養親族の人数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 622万円       833.3万円
1人 660万円       875.6万円
2人 698万円       917.8万円
3人 736万円       960.0万円
4人 774万円 1,002.0万円
5人 812万円 1,040.0万円

*父母ともに所得がある場合等は、収入が高い方の所得を判定します(世帯の合算ではありません)。
*判定方法の詳細については、児童手当の所得制限限度額をご覧ください→こちら
  

申請及び給付方法

1.申請が不要な方

※以下の年齢表記は年度末の満年齢

(1)給付対象者
市から児童手当を受給している方(0歳から15歳までの児童の主たる養育者)
※公務職場から児童手当を受給している方は申請が必要
 
(2)給付金算定の対象となる児童
児童手当の支給要件児童である0歳から15歳までの児童

※ただし、児童手当支給要件児童の0歳から15歳の弟妹がいる高校生年齢児童(16歳から18歳)は、申請不要の支給対象児童に含む高校生年齢児童のみを養育している方は申請が必要)。
【例】
10歳、14歳、17歳を扶養している世帯は、申請不要(3人分を支給)
17歳、18歳を扶養している世帯は、申請が必要(2人分を支給)
 
(3)案内
<先行給付>令和3年12月21日(火)に発送
<追加給付>令和4年 1月17日(月)に発送

*市から支給決定通知書を郵送します。
令和3年9月以降出生児分等は、準備が出来次第支給決定通知書を発送してプッシュ型で支給します。

 
(4)給付
次の[1][2]を児童手当受給口座へ振り込みました。

[1]先行5万円を令和3年12月27日(月)支給
[2]追加5万円を令和4年 1月20日(木)支給

※この日以降支給決定通知書を発送した対象者は、その支給決定通知書で指定する日に振り込み

 

2.申請が必要な方

(1)給付対象者(申請者)
市から児童手当を受給していない次の方

(A)高校生年齢の児童のみを養育している方
(B)公務職場から9月分の児童手当を受給している方(末子が中学生以下の公務員世帯)

※主たる養育者(申請者)の所得が児童手当の所得制限額以上の方は対象外

(2)案内
令和4年1月17日(月)に申請書等発送
  
*18歳までの児童と同居し、出雲市から給付金をまだ受給していない世帯の世帯主宛に送付します。
 
(3)申請について
 対象児童の主たる養育者が令和3年9月30日(基準日)時点で出雲市にお住まいの場合は、出雲市へ申請してください。

 申請した後、令和4年3月31日までに出生した新生児(公務員)については、様式第4号[新生児(公務員等)]で申請してください。

申請書等各種様式は、ページ下部からダウンロードしてください。
 
(4)必要な物
〔全員必要〕
[1]申請者の本人確認書類(運転免許証等)の写し
[2]申請者の振込先口座確認書類(通帳またはキャッシュカード等)の写し
 
〔公務員のみ必要〕
[3]所属庁が発行する児童手当受給状況証明書等(次のうちいずれか1点)
※所属長から9月分(新生児は出生後)の児童手当を受給していることがわかる書類
(例)
・9月分の児童手当の支払通知書の写し
・9月分の児童手当の金額が記載された給与明細の写し(10月分の給与明細)
・申請書の公務員児童手当受給状況証明欄への所属庁からの証明記載
 
(5)申請期間等
申請期間:令和4年1月17日(月)~令和4年3月31日(木)まで【必着】
*ただし、令和4年3月末に出生した児童は、出生日の次の日から20日間(土日祝含む)申請可能(【例】3月31日(木)の出生児については、4月20日(水)まで申請可能)

方法:申請書を郵送または窓口へ提出
*新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、郵送を推奨しています。
●申請書送付先
 〒693-8530 出雲市今市町70番地
 出雲市役所子ども政策課 給付金担当宛
 
(6)給付
10万円を申請日の翌月中旬以降に順次指定口座へ振り込み
 

(7)留意事項
 

*市では申請者および配偶者の特定を完全に行うことが難しいため(所得制限の判定が困難)基準日時点で18歳までの子どもがいる世帯全て(受給済み等を除く)にご案内を送付します。
*審査した結果、支給要件を満たさない場合は、給付金対象外となります。
*同一児童分の給付金を重複して受給することはできません。
*申請内容に不明な点があった場合、市から問い合わせを行うことがあります。
 


よくあるお問い合わせ

Q.追加の5万円はクーポンですか?現金ですか?
A.出雲市では、追加5万円の給付についても現金で支給します。

Q.先行される5万円と、追加の5万円の給付金はいつ支給されますか?
A.先行分(申請不要分)は令和3年12月27日(月)、追加分は令和4年1月20日(木)に支給しました。
 なお、申請不要の対象者について、令和4年3月末までに生まれた新生児分は順次支給します。
 また、申請書を提出した場合は、審査の後、原則申請の翌月に一括10万円を支給します。

Q.新しく生まれた児童は給付金をもらえますか?
A.令和4年3月31日までに生まれた新生児は支給対象児童にあたるので、その養育者が要件を満たせば、給付金をもらえます。市から児童手当を受給する場合は申請不要ですが、公務員は申請が必要です。


内閣府コールセンター

 この給付金制度に関する一般的なお問合せ
 電話番号:0120-526-145
 受付時間:9時から20時まで(土曜日・日曜日・祝日を含む、12月29日から翌年1月3日までは除く)

「振り込め詐欺」や「個人情報詐取」にご注意ください!

 ご自宅や職場などに市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(銀行・コンビニなどの現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。不審な電話がかかってきた場合には、市または最寄りの警察にご連絡ください。

関連情報

ダウンロード