地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

やまね☆気になる症状 膝の痛み(変形性膝関節症) 01 原因と病態

 やまねマッサージ治療院のニュース

人間が、2足歩行をするようになり、立つ・歩く・走る・座るなどの動作に膝関節は、重要な働きを担ってきました。
また、特に日本人は昔から正座や床に座る生活習慣だったため、なおさら膝に負担がくることが多かったようです。
なぜ、膝が痛くなるのか?
・まず第一に、膝の関節軟骨がすり減ったために骨と骨がぶつかり、痛みが生じるのです。
膝の関節軟骨の表面には、骨と骨がこすれても痛くないように、関節液という液が分泌されています。
これは、いってみれば潤滑油みたいなもので、クッションの役割を果たし、膝がスムーズに動くのを助けます。
(俗に膝に水がたまるといいますが、この水とは関節液のことです。)
しかし、この関節液が何らかの原因で、うまく分泌されないと骨と骨がぶつかってしまい、痛みが発生するのです。
やがて、関節軟骨がすり減るとO脚になり、最終的には変形性膝関節症といわれるものになっていくのです。
・第二に、太ももの筋力低下が挙げられます。
特に、太ももの前面にある大腿四頭筋という筋肉は、膝で体重を支えるという重要な役割をしており、これが衰えるとO脚などの変形につながりやすくなります。
普段、車ばかりであまり歩かない人や運動不足の人は、この筋肉が衰えがちです。
マッサージ[あん摩、マッサージ、指圧、はり、きゅう]

やまねマッサージ治療院

最新のニュース一覧へ
口コミ(13件)一覧へ