地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

出雲(出雲市・大田市・雲南市・飯南町)エリア選択

やまね☆症状とツボ 04 腰痛症

 やまねマッサージ治療院のニュース

〔急性の腰痛と慢性の腰痛の違い〕
急性の腰痛は、いわゆる「ぎっくり腰」です。
「朝、起き上がろうとした時」「荷物を持ち上げようとした時」など、何か動作を始めようとした時に痛めることが特徴です。
対処法としては、安静・アイシングが最優先です。

一方、慢性の腰痛は、慢性的な筋肉の疲労の蓄積が原因です。
「何となく腰が痛い」「腰が重い」「押したり叩いたりすると気持ちが良い」などというのが特徴です。
対処法は、温めることが一番です。
急性・慢性問わず、気をつけていただきたいのは、ふくらはぎを冷やさないようにすることです。

 上記のことをふまえ、腰痛のツボをご紹介します。
急性の腰痛の場合はさするようにして、決して強く押したりしないでください。
●大腸兪(だいちょうゆ)
◎ツボの取り方:第4腰椎の直下(第4腰椎とその下の第5腰椎の間)から指2本分外側に取ります。
背骨に添ってある筋の丸みのほぼてっぺんになります。
☆押す指 : 親指
●腎兪(じんゆ)
◎ツボの取り方:第4腰椎より骨2つ上が第2腰椎となります。その直下(第2腰椎と
第3腰椎の間)から指2本分外側に取ります。
☆押す指 : 親指
●志室(ししつ)
◎ツボの取り方:上記腎兪から指2本分外側に取ります。
☆押す指 : 親指
●小野寺臀点(おのでらでんてん)
◎ツボの取り方:左右の腰骨の前端のてっぺんに人差し指を置き、親指をお尻の方に置きます(人差し指と親指はほぼ同じ高さ)。
その周辺で押して痛む(または気持ちがいい)ところです。
☆押す指 : 親指
●合陽(ごうよう)
◎ツボの取り方:膝を曲げた状態でできる溝のまん中から指3本分下のところに取ります。
☆押す指 : 人差し指・中指
マッサージ[あん摩、マッサージ、指圧、はり、きゅう]

やまねマッサージ治療院

最新のニュース一覧へ
口コミ(13件)一覧へ