地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

出雲(出雲市・大田市・雲南市・飯南町)エリア選択

1000人の僧侶による読経の声が京都の地に響く

 真言宗 醍醐派 大津三十八不動尊のニュース

1000人の僧侶による読経の声が京都の地に響く
京都の伏見区にある真言宗18本山の一つであり、当方が属している真言宗醍醐派の総本山である、醍醐寺に於いて例年通り五大力尊仁王会(通称:五大力さん)が、去る2月23日に行われました。
 
大学時代の見習い小僧時代、僧侶になる為の修行時代の計5年お世話になった関係で、毎年お声をかけていただき、例年の如く今年も微力ながらお手伝いに上がりました。
 
祭り当日は全国から7万人を超える参拝者で境内は賑わい、本堂前で力餅くらべが行われました。

これは、力を奉納して五大明王の霊験を授かろうというもので、女性は90㎏、男性は150㎏の大鏡餅を持ち上げその持続時間を競い、勝者へ持ち上げた餅が授与されます。
 
※余談
今年は特別に月光仮面が来ました。
 
月光菩薩がモデルだからだそうです。
 
また、上醍醐の山上から降りてきている五大明王像は大きさといい、完成度といい凄い迫力です。
 
仏像好きにはたまらないですね。
 
 
                                      合掌
 
 
※醍醐寺は貞観16年(874)に弘法大師空海の孫弟子に当たる聖宝理源大師が上醍醐の山上で小堂宇を建立したのに始まったとされる古刹です。
占い・カウンセリング[加持祈祷-占い/厄よけ/お祓い/除霊/お清め/お祈り/ご供養]

真言宗 醍醐派 大津三十八不動尊

最新のニュース一覧へ
口コミ(18件)一覧へ