地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

認められたフッ素の神経毒性

 倉塚歯科医院のニュース

認められたフッ素の神経毒性
 昨年、夏、ハーバード大学の研究者らが、フッ素と脳の研究論文を見直す中で、「我々の研究は、フッ素が子どもの神経の発達に悪影響を及ぼす可能性を支持する」、「フッ素が高い地域の子どもたちは、そうでない地域に住む子どもたちに比べ、かなりIQが低い」との結論を出しています。同論文は7月20日、米の環境健康科学研究所の「Environmental Health Perspective」に発表されました。これは政府機関の学会誌です。

 加えて、アメリカ環境保護局(EPA)も、フッ素は「発達神経毒性を示す実質的証拠がある」化学物質だ、と発表。これらの研究では、フッ素の唯一の発生源は水、それもフッ素含有量が高い水をベースにしていました。研究者らは、フッ素レベルが低い地域では、子どもの知能に顕著な悪影響は見られなかったという2011年の研究に注目します。

 「フッ素は実験動物で神経毒性を起こしえること、ヒトの大人もフッ素毒により急性神経毒性を起こすことがわかっているが、子どもの脳神経の発達にどんな影響を及ぼすかはほとんど知られておらず、個々人のレベルで、子どもの脳とフッ素の研究が求められていた」、「フッ素は簡単に胎盤を通り抜ける。発達中の脳がフッ素にさらされると、成熟した脳より毒物による障害を受けやすく、生涯にわたるダメージにつながる可能性がある」(研究チーム)
こうした報告の中には神経毒学者のフィリス・マレニクス博士のものがよく知られています。博士は、自身が開発したコンピューターによる新しい神経画像解析システムで、様々な環境汚染物質の微量投与による大脳への影響を研究している第一線の科学者でした。
あるとき、歯科業界で使用される様々な物質の毒性の解析を依頼され、フッ素もその中に入っていましたが、彼女は当初、「フッ素は子供達にも使用されているほど安全な物質だからやるだけ時間の無駄。私は、やらないわ。」と拒絶していました。
しかし、指示通りに検査してみると安全とされる適量のフッ素を投与しただけで神経細胞から、他の神経毒が引き起こすような多動性障害、記憶障害、知能障害の典型的な画像パターンが観測されたのです。

 アメリカ国家リサーチ・カウンシル(NRC)も、先行研究の見直し後、「フッ素が脳の機能を阻害することは明らかだ」とするデータを出しています。2006年のことです。フッ素は体内に蓄積するため、赤ちゃんや、甲状腺、腎臓病患者、よく水を飲む人にとってはごく微量でも危険です。粉ミルクをフッ素入りの水で溶いた場合、母乳に比べフッ素の量は100~200倍にもなるそうで、授乳中のお母さんは注意が必要です。

*:・°★, 。・:*:・ °☆・: *:・°★,。,*:・°★, 。・:*:・ °
倉塚歯科医院では、以下の理由でフッ素塗布、フッ素うがい、フッ素配合の歯みがき剤の使用はおすすめしていません。
①国内外にフッ素による健康被害についての論文や研究が数多くあり、そのどれもが深刻な健康被害を引き起こすと発表されていること。
②最近は、化学物質過敏症やアレルギーなどで、ごく微量の化学物質でも重度、軽度の健康被害があらわれる人々が増えていること。
③子どもたちは、生まれた時から様々な化学物質にさらされており、できるだけ、フッ化物などの化学物質は、微量であっても摂取しないことが化学物質過敏症などの発症を避けるためには、大切であると考えていること。
④WHO(世界保健機構)では、6歳未満の子どものフッ化物洗口はしてはいけないこととしていること。
⑤特に学校でのフッ素うがいは、忙しい学校で、劇薬を扱うことを心配しています。

フッ素についてこれまで載せたものをまとめました。
フッ素は歯質の強化には、役立たず、かえってエナメル質の結晶を破壊するとする研究論文。
 新進気鋭の解剖学者の世界で最初の電子顕微鏡での研究。(歯科医師、村上徹さんのサイトから)               
  http://members.jcom.home.ne.jp/tomura/murakami/Kakei..pdf.pdf

ベルギー政府は、フッ素の過剰使用が骨粗しょう症のリスクを増加させ、神経系統を阻害する可能性もあるとして、2002年8月1日付で、虫歯予防のためのフッ素サプリメントを販売禁止にする措置をとっています。また、フランス政府も、フッ素が長期接種された場合のフッ素症のリスクの高さを考慮して2002年にフッ化ナトリウムを含む製品を市場から撤去する措置をとったそうです。
そのほかの国々もフッ素の使用に慎重な動きを見せています

宮城県の「かくたこども&アレルギークリニック」角田和彦先生のHPには、フッ素がアレルギーを悪化させることについて詳しい説明が載っています。
http://homepage2.nifty.com/smark/F&As-Che.htm
角田先生は「むし歯予防に使われるフッ化ナトリウムは、誤って飲み込まれると胃酸と反応してフッ化水素になります。この物質は、粘膜を傷害し、消化器症状や粘膜の保護作用を弱め、アレルギーを悪化させる可能性があります。」と説明しておられます。また「飲み込まなくても、口腔粘膜からも吸収される可能性があります。」との説明は、当院でも心配しているところです。

医薬ビジランスセンターのサイトでは、水道水へのフッ素添加の危険性について、世界中でこれまで実施されたフッ素の研究論文(安全性、危険性、効果についての)をできるだけ広く収集し、分析した結果を報告しています。
結論として水道水にフッ素を添加することは、危険性を上回る有益性はなく、危険性は相当な程度で予測すべきである、としています。
http://www.npojip.org/fusso/tip-fusso.html

むし歯予防フッ素の真実(フッ素とは、何か、丁寧に説明してあります。)
  http://thinker-japan.com/husso.htmlhttp://thinker-japan.com/husso.html

フッ素摂取で歯がもろくなる(富山大医学部などが報告)

学校でフッ素うがいをさせるのは、なぜ?
  学校でのフッ素うがいについて、専門家や保護者、そのほかの関心のある方々のやりとりです。
http://www.asyura2.com/09/health15/msg/198.html

フッ素を推進しているサイト
 ・日本むし歯予防フッ素推進会議(日F会議)
  http://www.nponitif.jp/

倉塚歯科医院では、歯にトラブルを抱えて来院される方々は、免疫力が下がっている可能性が高いことなどを考慮し、同じ時間帯の予約は2人におさえて、冬場に気になる感染症などに備えています。

安心して受診されてくださいね
適切で確実な診療をめざしています。

おひとりおひとりのニーズにできるだけ応えること、体調管理を含めて最良の状態で、治療できるようにつとめることを、診療の基本姿勢としています。

予約は、毎朝、8時からお受けいたします。
倉塚歯科医院0853-22-7302 
メールでの予約もできます。
      yoyakukuratuka@yahoo.co.jp



フッ素についてのご質問お問い合わせはこちらからお寄せください。
        hukkabutu@yahoo.co.jp




病院・クリニック[一般歯科・小児歯科]

倉塚歯科医院

最新のニュース一覧へ
口コミ(5件)一覧へ