地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

Cute Movies

エイリアン:コヴェナント

巨匠リドリー・スコットが描く 全世界待望の『エイリアン』 最新作が遂に始動!

2017年9月15日 全国ロードショー<br>(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
2017年9月15日 全国ロードショー
(c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
エイリアン:コヴェナント

【スタッフ】監督:リドリー・スコット
【キャスト】マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン

ストーリー

宇宙船コヴェナント号が発見した未知の惑星。 その宇宙の楽園に隠された恐るべき秘密とは……。 人類初の大規模な宇宙への移住計画のため、滅びゆく地球を旅立った宇宙船コヴェナント号は、コールドスリープ中の2000人の入植者を乗せ、移住先の惑星オリガエ-6を目指していた。その航行の途中、大事故に見舞われたコヴェナント号は女性の歌声が混じった謎の電波をキャッチし、発信元である惑星へ向かう。その神秘的な惑星は、女性乗組員ダニエルズ(ウォーターストン)にとっても、人類の新たな希望の地に思えた。はたしてダニエルズの前に現れた完全な知能を持つアンドロイド(ファスベンダー)は敵か、それとも味方か。そしてエイリアン誕生をめぐる驚愕の真実とは何なのか。コヴェナント号にもエイリアンの脅威が迫るなか、ダニエルズは哀しみを乗り越え、あまりにも過酷な運命に立ち向かっていくのだった……。

記者の見どころ

SFスリラーの金字塔、『エイリアン』。その前日譚にあたる新シリーズの2作目にあたる本作は、シリーズの原点に立ち返ったかのようなスリラー劇だ。閉塞的な空間で未知の生命体に襲われる、あの恐怖がスクリーンに蘇る!

初代『エイリアン』と同様に、謎の電波を受信し、その発信源をたどるため未知の惑星を目指すところから物語が展開していく。しかし、電波の受信前にコヴェナント号が甚大なダメージを受け、また惑星と本船で2つにわかれ行動する展開など、よりスリリングな作品へと仕上がっている。最後の最後まで目の離せない、手のひらに汗が浮かび続ける怒涛の122分だ!

一瞬目を背けたくなる、“痛い”描写がてんこ盛りだ!人体からエイリアンが誕生する瞬間をはじめ、フェイスハガー、チェストバスターなど、シリーズファンが興奮すること間違いなしの描写が盛りだくさん。さらには未知の惑星を探索するアドベンチャー的な側面もあり、まさに“今”の時代にアップデートされた『エイリアン』と言えるだろう。

本作は『プロメテウス』の続編であり、そこで貼られた伏線や残された疑問が回収されていく。はたしてエイリアンはなぜ、どのように誕生したのか。シリーズの原点とも言えるリドリー・スコット監督によりその疑問に答えが提示される、まさに渾身のシリーズ最新作だ!

Text by EISUKE