地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

Cute Movies

世界は今日から君のもの

自分で何も決められないあなたに贈る、人生の応援歌

7月15日(土)渋谷シネパレスほか全国公開<br>(c)クエールフィルム 
7月15日(土)渋谷シネパレスほか全国公開
(c)クエールフィルム 
世界は今日から君のもの

出演:門脇麦、三浦貴大、比留川游、マキタスポーツ、YOU 他
監督・脚本:尾崎将也  製作:クエールフィルム

ストーリー

小沼真実(門脇麦)は、高校の頃から5年間引きこもりとなり、自分の部屋で好きな漫画やイラストをひたすら正確に模写することで現実逃避をしていた。父の英輔(マキタスポーツ)と母の美佳(YOU)は離婚し、真実は父との二人暮らし。
心配性の父のすすめでゲーム会社のバグ出しの仕事を始めるが、ひょんなことからそのゲーム会社に勤める矢部遼太郎(三浦貴大)が担当するゲームのイラストに手を加えたことで真実の絵の才能が認められる。
ある日、遼太郎から「自由に描いていいから」とゲームキャラクターのイラストを頼まれ、彼への仄かな恋心もあり遼太郎の役に立ちたいと描くことに向き合おうとするのだが・・・。
果たして真実は自分の殻を破り、自分らしい一歩を見つけることができるのか?!

記者のみどころ

本作『世界は今日から君のもの』は、独特な雰囲気を持つ若手女優・門脇麦の魅力が最大限に引き出された、等身大の少女の成長物語だ。監督・脚本に「梅ちゃん先生」などの人気脚本家・尾崎将也、主題歌は「ラヴソング」の藤原さくら。温かい雰囲気に包まれた感動作が完成した。

引っ込み思案で不器用なヒロイン・真実(マミ)を、若手実力派女優の門脇麦が演じた。ふとしたことから人生に訪れた転機と、それに振り回される真実。周りに言われるがままに生きてきた彼女の姿は、ひょっとするとあなたの姿にも重なって見えるかもしれない。周りの言うことだけを聞いて生きてきた真実は、はたして一歩踏み出すことができるのか。思わず応援したくなると同時に、自分のことのようにも思えてくる不思議な物語だ。

登場人物全員に欠陥がある点に、どこか共感できる。過保護な母・美佳(YOU)と適当な父・英輔(マキタスポーツ)。真実とはまるで正反対の女性、恵利香(比留川游)。どこか欠点があるけど、だからこそ憎めない、人間らしさ溢れる作品だ。要所要所でコメディ要素があるのも心地いい、素敵な雰囲気が漂っている。

少女の成長物語でもあり、親子のドラマでもある本作。劇中の門脇麦の衣装は、すべて古着でコーディネートされたという。欠点があるからこそ憎めない、そんな人間らしさ溢れる本作は、すべての元・少女に送る、最高の応援歌だ。

Text by EISUKE