地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

出雲の地域情報サイト「まいぷれ」出雲

古代出雲歴史博物館 常設展期間限定展示「出雲の神楽をささえる―林木屋神楽資料―」

古代出雲歴史博物館 常設展期間限定展示「出雲の神楽をささえる―林木屋神楽資料―」
出雲市内には、身々久(みみく)神楽(島根県指定無形民俗文化財)、神西神代(じんざいかみよ)神楽(出雲市指定無形民俗文化財)など多くの神楽が伝えられています。
これらの神楽では、かつて面や衣裳などを専門の貸出屋から借りて神楽が舞われていました。この貸出屋の1つに出雲市大津町の屋号「林木屋(はやしぎや)」があります。

林木屋に伝わる神楽面は同家の勝部豊市氏(天保3年頃~明治30年)が面打ちを行い、それ以後林木屋は、貸出業を昭和50年代後半頃まで行っていました。昭和30年代には少なくとも出雲市の11神楽団体に貸し出していたなど、林木屋神楽資料は出雲市の神楽の伝承を側面から支えていたといえるでしょう。

この度、林木屋神楽資料(神楽面236点・衣裳307点など)のほとんどが一括して古代出雲歴史博物館に寄託されました。これを記念して、神楽面を中心に林木屋神楽資料を紹介しながら、これらの神楽資料を用いた出雲市域の神楽の伝承に触れます。

[展示構成]
・林木屋の神楽面
・林木屋神楽資料の広がり
・演じられる演目
・勝部豊市の面
・幻の演目

[関連イベント]
ギャラリートーク 
・2017年12月23日(土)
・2018年1月13日(土)
※いずれも午前11時と午後2時
カテゴリ展覧会
開催日2017年12月22日(金) ~ 2018年1月28日(日)
開催時間:9:00~17:00(最終入館は閉館30分前)
会期中の休館日:1月16日(火)
開催場所古代出雲歴史博物館
出雲市大社町杵築東99-4(出雲大社東隣り)
山陰道「出雲IC」から国道431号線経由で約20分。
JR出雲市駅から一畑バス「出雲大社・日御碕」行き乗車(約25分)~「正門前」降車後、徒歩約2分。
一畑電車「出雲大社前駅」降車後、徒歩約7分。
出雲空港から空港連絡バス「JR出雲市駅」行き(約25分)。
料金この展示は、常設展チケット(一般610円、大学生410円、小中高生200円)または年間パスポートで観覧できます

※2018年1月1日~3日は無料
イベントの公式URL(PC)http://www.izm.ed.jp/cms/cms.php?mode=v&id=333
お問い合わせ先古代出雲歴史博物館
TEL:0853-53-8600
こちらのイベントもおすすめ
近くのグルメ