地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、出雲の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする
出雲(出雲市・大田市・雲南市・飯南町 エリア選択

まいぷれ広場のコミュニティスレッド

はっぴースマイル」コミュニティ

[雑談] 《14》オヤジたちの100年ヒストリー!

《14》オヤジたちの100年ヒストリー!

ブックマークに追加する

ブックマークフォルダーを選んでください。

ブックマークするにはログインが必要です。

メルアド

パスワード

asa  さん

2019/01/27 13:08:17
全てに公開 返信数(3)

《14》オヤジたちの100年ヒストリー!  このストーリーは、大阪で育った3人の大親友が、大正・昭和・
平成の3つの時代を生き抜いた、100年ノンフィクションです。

◆親父の3人の大親友との・・《古き良き時代の思い出!》

【青春時代を大阪で過ごした父の人生!】
 1930年代、岸田・白前・浅水の3人の若者は、大阪で出会いま
した。3人は大正ロマンの頃に生れ、戦前の時代を生きぬきま
した。日本にはヨーロッパやアメリカの文化が流入し、ハリウ
ッド草創期でもありました。生活様式も大きく変わり、女性の
社会進出、最先端の洋服を着たモダンボーイも存在しました。
 私の父は、大正時代、家業の友禅染め業が繁盛し、京都から
横浜に進出していましたが、関東大震災が起き大阪に帰省。
 そこで2人の大親友と思い出深い青春時代を過ごしました。
★映像「50数年前の大阪北界隅]https://youtu.be/HaHMEC87oBE
 仕事に明け暮れて、週末オールナイトの映画を見に行くのが
楽しみだったと、よく聞いていました。その後、父は島根から
大阪に奉公に来ていた母と結婚しましたが、第二次世界大戦が
勃発し、やむえず母の郷里島根に戦争疎開をしました。二人の
友人も家族を連れて島根に来ました。終戦後2人は大阪に帰り
父は島根に残り、その後私が生まれ定年を迎えました。
★映画「ライムライト」C・チャップリンhttps://youtu.be/A9H3EdB85Ps

 その後、父は島根から大阪に奉公に来ていた母と結婚しまし
たが、第二次世界大戦が勃発。やむえず母の郷里島根に戦争疎
開をし、2人の友人も家族を連れて島根に来ました。終戦後2
人は大阪に帰り、父は島根に残り大阪でしていた仕事を続け私
が生まれ、その後定年を迎えました。
【父と二人で行った:松江での思い出のライブ】
《ニニ・ロッソ》★「夜空のトランペット」https://youtu.be/rGPkOhCtSpg
《サム・テイラー》★「ダニーボーイ」https://youtu.be/iC3lBgwXeT0

 岸田さんと白前さんの、2人の親友の存在を知っていた私は、
父の定年を機に残された時間内に、父達の青春の清算をするた
めに、お二人を思い出の島根に招待しました。《岸田さんの息
子さん達は出雲に訪ねて来られた事もあり、白前さんとは亡く
なられるまで手紙のやり取りをさせて頂きました!》
【5名の皆さんは現在この世にはおられません:合掌!】
■「父と兄の3人の大親友との思い出!《恩活4》」
https://smcb.jp/diaries/7303599
《写真は:松江・皆美館庭園にて大親友三家族》

コメントの古い順コメントの新しい順

2 asa  さん
2019/01/27 13:19:17

◆大阪と出雲・時空を超えての・・・《最後の親孝行!》

【三人は青春時代・大阪で大親友でした!】
 二人の親友の存在を知っていた私は、父の定年を機に残され
た時間内に、父たちの青春の清算をするために、お二人を思い
出の島根に招待しました。快く承諾して来て頂いた三人と出雲
大社・日御碕・大根島・松江に行き、宍道湖を借景とした日本庭
園と文人ゆかりの宿 皆美館に宿泊し半世紀の思い出話に花が
咲きました。思い出の写真が見つかって記録に残す事で、また
一つ任務が遂行された気分です。
★動画「出雲・日御碕」https://youtu.be/JGR_3b7zv6o
★動画「松江・宍道湖」https://youtu.be/MvtSIvUXy3o
【5名の皆さんは現在この世には居られません合掌!】
■「時空を超えての親孝行!!!」https://smcb.jp/photos/36412044
■「父と兄の3人の大親友との思い出!」https://smcb.jp/diaries/7303599
《写真は:1列目・出雲・日御碕経島:2・3列目・松江・皆美館庭園》

3 asa  さん
2019/01/27 13:23:09

◆ふと思う:親父の人生・・・《愛しき大阪!》

【青春時代を大阪で過ごした父の人生!】
 終活の一環として父が89歳で亡くなって10年経ち、写真ア
ルバムを探していたら、押し入れの奥から10年ぶりにアルバ
ムが見つかりました。京都生まれの父は、青春時代を大阪で
過ごしました。そこで二人の大親友と出会いました。
【私が思う父は!】
 父が亡くなって10年以上になります。この頃ふと思い出す
事があります。父は90歳まで長生きしてくれ、家族の協力も
あって15年同居、親孝行もしました。父は関西人だったので
物事をポジティブに考え、好奇心旺盛で話好きで優しい人で、
いい父親を演じてくれました。
 大親友と別れて戦争疎開で出雲に来たことが、本当に良か
ったのかなと思います。戦争がなければ全く違う人生があっ
たと思います。【考えれば考えれるほど複雑です!】
《写真は:父が20代のころ大阪のプールバーにて》

7 asa  さん
2019/03/11 23:49:55

◆幸田さん安らかにお眠り下さい・《桜の木の下の約束:完結》

【天国の桜の木の下で3人の再会が実現!】
 昨年71歳で亡くなられた、東京都清瀬市に住んでおられた
幸田さんのご仏壇に手を合わせてきました。3年前に奇跡のお
会いをさせて頂いてから、出雲に帰られる度に、お酒を酌み交
わさせて頂き、亡くなった兄の話を色々聞かせて頂きました。
 50年も経った今でも私の兄を、友達だと思って頂いていたこ
とに、弟として感謝の気持ちに堪えませんでした。その幸田さ
んが昨年お手紙で残された人生も少くなってきたと書かれてい
ましたが、癌の手術を受けられ療養されておられましたが昨年
桜の花咲く4月、71年の人生を全うされました。
《幸田さん安らかに!

【幸田さんのご霊前に御参りしてきました!】
 今年、私は私自身のけじめとして、このストーリーの一部を
完結する為に、私のすべきことは幸田さんのご霊前に、手を合
わせに行く事だと思い、東京に行かせて頂きました。奥様には
快くお受け入れして頂き、ご主人様の写真まで提供頂きました。
《写真は:幸田さんの遺影写真です》

被ブックマーク数(0)コメント数(3)

コメントする

コメントするにはログインする必要があります。

コミュニティ「はっぴースマイル」の最新コミュニティスレッド

続きを見る(全14件)

タイトル(コメント数)

投稿者

最終更新日時

《14》オヤジたちの100年ヒストリー!(3)

asa

2019/03/11 23:49

《13》奇跡の50年ヒストリー!(5)

asa

2019/03/11 23:47

《12》終活のための:ノート作り!(3)

asa

2019/03/11 23:43

《11》食による:出雲の町おこし!(3)

asa

2019/03/11 23:37

《10》伝説の音楽イベント:プロデュース!(4)

asa

2019/03/11 23:34

《9》心を揺さぶる音楽イベント:プロデュース!(3)

asa

2019/03/11 23:26

《8》手造り披露宴:プロデュース!(4)

asa

2019/03/11 23:23

《7》出雲大社神前結婚式プロデュース!(3)

asa

2019/03/11 23:19

《6》結婚のための個人セミナー開催!(3)

asa

2019/03/11 23:14

《5》地域・業界の嫁不足対策のお助けマン!(4)

asa

2019/03/11 23:04